北海道小樽 コーギー犬 ももりんと いちごと きよちゃん日記

小樽で暮らす、コーギー犬「もも」と2代目「いちご」の生活日記 誤字脱字は大目に見てね

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

フリーエリア

ももりん
いちご

プロフィール

管理人のきよりんで~す。

  • Author:管理人のきよりんで~す。
  • コーギー犬もも、きよりん、ももおやじ、
    もも中心の家族の日常生活の日記です。

    ももが亡くなり、2015年9月
    2代目「いちご」が栃木のブリーダー
    「ワイズワン」からやってきました。

    ★ホームページのももりんホームもよろしく。

    ★メールは こちらです。

    ★コメントは 掲示板 にお願いします。 よろしく~(^o^)



    ももは2013年7月16日11歳、肺炎で虹の橋を渡りました。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

過去ログ

ブロとも申請フォーム

エベレスト街道⑥ロブチェ~チェラBC~チョラ・パス~チョラBC~タンナ


エベレスト街道の感想文を書いてみようと思いました。




14~16日目  12月6日~8日

ロブチェ~ゾンラ~チョラBC~チョラ・パス(峠)~
4910m~4830m~5000m~5330m~
チョラBC~タンナ
5000m~4700m
 
 


昨日のカラパタールよりも高いところは無いので、
とりあえず高山病は安心ですが油断はできません。

今日からロッジが当てに出来ないので、2日間キャンプ生活です。
あまり人が来ないコースなので、
シーズンオフはロッジが閉まっていることが多いらしい。

今日はチョラパス手前のベースキャンプでテント泊まりをして、
明日は、チョラパスを越え、ゴーキョ方面に歩きます。

このコースは雪があったら危ないので天候次第でしたが、
今年は暖かいので行くことになりました。






ロブチェを出て、こんな景色を見ながら歩きます



遠くに見えるのは~?



私たちのテント村で~す

私達のテントは2名で1張、食堂兼スタッフの寝床、ガイドのテント、
台所&スタッフの寝床、トイレ。
まるで小さな村のようです。



翌日は、チェラ峠を目指します。
雪渓の登りがあるので、
スタッフは前日は遅くまで私たちの為にロープを掛けてくれ、
歩きやすくしてくれていました



シーズンオフなので、誰も登っていません



あと少し



チェラ・パス(峠)に到着



登ったら当然下り道があるわけで・・・
小石で滑り、膝に悪い急な下りです
飽き飽きして下ると、私たちのテントが見えました。

日本なら、どんなに疲れていても自分たちでテントを張って、
食事を作って、水の用意をして・・・・
ここでは、自分の体調管理だけすればいいのです。
大名トレッキング万歳


このコースが難しいと言われているのは、
次のロッジまで5~7時間以上かかることです。

そして冬は予期無く閉まっていることもあり、
私達はスタッフが運んでくれるテントがあるので峠越えをすることが出来ました。

ここでスタッフの話を少々

スタッフは、翌日に私達が行く場所に荷物を置いて、又私達の場所に戻ってきます。
重い荷物を持って、私達の3倍を歩いているのです。

そして早い。40kgの荷物を持っているのにアッという間に姿が見えなくなります。
そして次の目的地に到着したら、お茶を持って私達を迎えに来てくれます。
お茶当番の人は、私達の3倍以上歩くことになります。



私達4名に、8名のスタッフが付きました。
テントも張ってくれて、お茶の用意・食事の用意。
スタッフの人たちは働き者で本当にすごいです。
仕事とは言え、何から何までお世話してくれます。



人里離れた場所にゴミ箱が
誰がこの時期に回収に来るの!!



翌日はキャンプ地を後にして、
1時間弱歩き、タンナのロッジが見えてきました。




出発から約10日間1人部屋を取ってくれていましたが、
私的には1人よりも2人部屋の方が励まし合うこともでき、
精神的に安定したように思えます。

毎日長い時間を寒いロッジの部屋で過ごします。
シーズンオフの食堂はストーブを点けていないので、
(食事の時だけ少し焚いてくれる程度)
お昼を食べたら、部屋の中で寝袋にくるまっている時間が長く暇です。

タブレットで音楽を聴いたり、電子本を読んだりできますが、
充電が出来ないロッジも多いので、
バッテリーがもったいないので点けっ放しには出来ません。

ここタンナのロッジは、ストーブを景気よく焚いてくれたので、
夜はスタッフも一緒にストーブを囲んで,
サティスさんの通訳でおしゃべりを楽しみました。

いきなり大きな外人の男性2人
(一人はガイド兼シェルパー)が到着しました。


疲れて憔悴している様子です。
なんと彼らは、カラパタールから来たらしい。
私達が4日かけて歩いた道を一日で来た!

あのすばらしい景色も見ないで、ひたすら歩いてきたのでしょう。(もったいない)
彼らは、ダルバートの大盛りを3回もお代わりをして、即部屋に入り寝ました。



食事はポップコーン・日本のお餅・ピザ・焼きそば
特にお餅は美味しかった。
日本を経って18日目
日本食が恋しくなりました




にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ




スポンサーサイト

 | ホーム | 

ブログ内検索

フリーエリア