北海道小樽 コーギー犬 ももりんと いちごと きよちゃん日記

小樽で暮らす、コーギー犬「もも」と2代目「いちご」の生活日記 誤字脱字は大目に見てね

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

フリーエリア

ももりん
いちご

プロフィール

管理人のきよりんで~す。

  • Author:管理人のきよりんで~す。
  • コーギー犬もも、きよりん、ももおやじ、
    もも中心の家族の日常生活の日記です。

    ももが亡くなり、2015年9月
    2代目「いちご」が栃木のブリーダー
    「ワイズワン」からやってきました。

    ★ホームページのももりんホームもよろしく。

    ★メールは こちらです。

    ★コメントは 掲示板 にお願いします。 よろしく~(^o^)



    ももは2013年7月16日11歳、肺炎で虹の橋を渡りました。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

過去ログ

ブロとも申請フォーム

エベレスト街道⑤ロブチェ~ゴラクシェブ~エベレストベースキャンプ~カラパタール~ロブチェ


エベレスト街道の感想文を書いてみようと思いました。




12.13日目  12月4日~5日

ロブチェ~ゴラクシェブ~ベースキャンプ~
4910m~ 5180m~  5385m~
カラパタール~ロブチェ 
5545m~  4910m  


今日は今までのトレッキングの中で一番ハードな一日です。
午前中はロブチェ~からゴラクシェブに移動して、
午後からエベレスベースキャンプの往復です。

翌日は早朝から、5545mのカラパタールに登り、
午後は昨日の宿泊地のロブチェまでもどります。

今まで午後から歩くことがなかったので、
今日、明日は辛い2日間になりそうです。



コラクシェブ手前に、スタッフがお茶を持って迎えに来てくれました。



ロブチェを出発して2時間、
エベレスト・ベースキャンプの玄関口、ゴラクシェブに到着しました。

前日は単独で来ていた日本人が、高山病で生きるか死ぬか、
だったそうで、緊急ヘリでカトマンズまで運ばれたらしいです。

十分な有給を取れない日本人は、高度順応をせずに強行登山し、
急性高山病で倒れる割合が多いらしい。
長期で歩ける私たちは、恵まれていると言えます。



ゴラクシェブにはロッジが少なく、シーズン中は常に満室だそうです。
ロッジで共通しているのが、トイレが汚く、水道はないです。
部屋もベニアの箱に入っている感じ

トイレは3ツ、どれも汚い
使い古しのジュースの缶が瓶の中に浮いていて、それで水を流す方式
11月中旬以降、氷点下になるロッジでは朝、水は凍って水が流せなくなる。
幸い私達は12月なのに瓶の表面だけ水が凍っていたので水は流せた。
トイレットペーパーはどこのロッジでもゴミ箱に捨てます。
トイレの水がどこに流れるのかな~~



昼食後にベースキャンプへ向けて出発しました。



シーズン・オフなので登山隊のテントは無かったけど・・・
エベレストのベースキャンプまで来た!感激



翌日は、この旅一番のハイライト「カラパタール」へ登ります。

日の出を見るために朝5時出発。
朝は寒い
4人、おそろいの「ニレカ・ダウン」を着て、
(ツアー会社から寝袋と厚手のダウンを貸してもらえます。)
下はガイドからの指導で、タイツ・ダウンパンツ・カッパで出発しました。

聞いての通り、「カラパタールは見えるけどなかなか着かない。」
約350mを3時間かけて到着しました。



天気は晴れエベレストがすごく近く見えました。(写真右)
昨日は曇っていたらしく、ここでも私たちは何てラッキー!



私の時計は5.590mを示していました。

映画「神々の頂」のキャストのサインがゴラクシェブのロッジにありました。
強烈な臭いのトイレに、阿部寛や岡田准一も入ったのでしょう。



ゴラクシェブのロッジを後にして、
(1泊でよかった



下山後は一昨日泊まったロブチェのロッジへ戻りました。
こんなところにも「スーパードライ」の垂れ幕が・・

昨日のロッジに比べて、ロブチェのロッジが、
ものすごく綺麗で快適に感じました。




ハードな2日間が終わり少しだけ安心しましたが、まだまだ先は長いです。
5000mなのにお花がありました


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ


スポンサーサイト

 | ホーム | 

ブログ内検索

フリーエリア