北海道小樽 コーギー犬 ももりんと いちごと きよちゃん日記

小樽で暮らす、コーギー犬「もも」と2代目「いちご」の生活日記 誤字脱字は大目に見てね

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

フリーエリア

ももりん
いちご

プロフィール

管理人のきよりんで~す。

  • Author:管理人のきよりんで~す。
  • コーギー犬もも、きよりん、ももおやじ、
    もも中心の家族の日常生活の日記です。

    ももが亡くなり、2015年9月
    2代目「いちご」が栃木のブリーダー
    「ワイズワン」からやってきました。

    ★ホームページのももりんホームもよろしく。

    ★メールは こちらです。

    ★コメントは 掲示板 にお願いします。 よろしく~(^o^)



    ももは2013年7月16日11歳、肺炎で虹の橋を渡りました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ

ブロとも申請フォーム

エベレスト街道④ パンポチェ~デンポチェ~トクラ~ロブチェ



エベレスト街道の感想文を書いてみようと思いました。




8・9日目  11月30日~12月1日

パンポチェ~デンポチェ
3960m~4410m   
  



パンポチェから荒涼とした道を歩くと、



ディンボチェのロッジが見えてきます。
4410mのデンポチェに2日間泊まります。





標高が上がる程に、朝夕は寒く窓には霜がビッシリ。

ここはトレッキングのためのロッジがあるだけで、
人々の生活の場ではありません。
エベレストベースキャンプ・カラパタール・チュクン方面に行く人は、
ここに泊まり高度に備えます。




この丘に登って高度順応しました。



たくさんの外国人も順応のために登っていました。



丘の上からの景色
右端が私たちのロッジです。



明日歩くトクラまでの道



お日様が出ているうちに衣類を乾かしました。



午前中は雪景色になりましたが、
通年よりも今年は暖かいとのことでラッキーでした。



夕食はおでん
4000m超えを記念して、スタッフからケーキのプレゼント

夕食を食べていると、オーストラリアの男性が高山病で下山して来ました。
お茶も飲めないほど苦しそうで、体調が戻ったら下山するそうです。
5000mが怖く感じました~




10.11日目  12月2日~3日
デンポチェ~トクラ~ロブチェ
4.410m~4.590m~4.910m
    

デンポチェ~ロブチェ間は、中間点のトクラで昼を食べ、
ロブチェに泊まるのが普通ですが、私たちは2日間かけてゆっくりロブチェへ行きます。



動物の放牧のための小屋





エベレスト街道で最も美しい区間だと言われている、
高原沿いの道を、ビスターレ・ビスターレ(ゆっくり)歩きました。



午前中にはトクラに到着



トクラには2件のロッジがあるのみです。
後ろはデボチェの山

ここで一人旅の男子学生(1年休学中)に会いましたが、
彼もトクラには泊まらずにロブチェへ行きました。



部屋は狭いですが、2人部屋を1人で使ったので十分な広さです。
2人で使ったら荷物置く場所が大変




翌日は強風の中、いきなりの急登
薄い空気の中で、ここが正念場
エベレスト登山で亡くなったシェルパの遭難碑を通り、



大きなプモリ(7138) 右隣がリントレン(6713) クンブツェ(6639)
中国との国境線をつくる山々だそうです。



スタッフが私たちの荷物を運んでくれています。
私の荷物は、部屋の外に出すのも重いのに、2人分の荷物を担いでいます



ロブチェに着きました。
ここはトレッキング人口が増えたので、最近たくさんのロッジが建ったそうです。



私達のロッジは一番奥のロッジでした。



ランチのラーメンは久しぶりに麺が食べられて元気が出ました。



部屋は広く綺麗でした。
廊下には流し台があったので、歯を磨くのに外に出なくてもいいので楽でした

ここまで全て一人部屋を頂きました。
ここから先は2人部屋になります。

シーズン中はごった返すほどの賑わいだそうですが、
今はシーズンオフでお客もチラホラ・・・

約5.000mなので血中濃度と脈拍を計りました。
血中濃度86 脈拍78 思ったよりもいい数字で安心しました。

4人共5000m近くなのに通常と変わりなく、
元気で食欲とおしゃべりもあり、ガイドのサティスさんも驚いていました。

それもこれも、毎日4リットル以上のお湯のおかげ。
お湯はネパール語で「タトパニ」と言います。
毎日毎日「タトパニ プリーズ」
トイレが近いのが難点で、
1ロール500円のトイレットペーパーの消費が激しくて・・・


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ







8・9日目  11月30日~12月1日
パンポチェ~デンポチェ
3960m~4410m
    

パンポチェ~ディンボチェまでの荒涼とした道を歩くとロッジが見えてきます。
4410mのデンポチェに2日間泊まります。
夕食を食べていると、オーストラリアの男性が高山病で下山して来ました。
お茶も飲めないほど苦しそうで、体調が戻ったら下山するそうです。
標高が上がる程に、朝夕は寒く窓には霜がビッシリ。

ここはトレッキングのためのロッジがあるだけで、人々の生活の場ではありません。
エベレストベースキャンプ・カラパタール・チュクン方面に行く人はここに泊まり高度に備えます。
私達も右下の写真の丘に登り高度順応をしました。
シーズン中(4月と10月)はどのロッジも満室だそうです。
明日から12月ですが、通年よりも今年は暖かいとのことでラッキーでした。
4000mを記念して、スタッフがケーキを作ってくれました。

10・11日目  12月2日~3日
デンポチェ~トクラ~ロブチェ
4.410m~4.590m~4.910m  
   

デンポチェ~ロブチェ間は、中間点のトクラで昼を食べ、ロブチェに泊まるのが普通ですが、私たちは2日間かけてゆっくりロブチェへ行きます。

エベレスト街道で最も美しい区間だと言われている、高原沿いの道を、ビスターレ・ビスターレ(ゆっくり)歩き、(中央左)のトクラに泊まりました。
ここで一人旅の男子学生に会いましたが、彼もトクラには泊まらずにロブチェへ行きました。

翌日は強風の中、いきなりの急登です。
薄い空気の中で、ここが正念場らしい。
エベレスト登山で亡くなったシェルパの遭難碑を通り、ロブチェに到着しました。
私達のロッジは新しく綺麗なロッジでした。
ここはトレッキング人口が増えたので、最近たくさんのロッジが建ったそうです。
ランチのラーメンは久しぶりに麺が食べられて元気が出ました。
ここまで全て一人部屋を頂きました。
シーズン中はごった返すほどの賑わいだそうですが、今はシーズンオフでお客もチラホラ・・・
約5.000mなので血中濃度と脈拍を計りました。血中濃度86 脈拍78 思ったよりもいい数字で安心しました。
4人共5000m近くなのに通常と変わりなく、元気で食欲とおしゃべりもあり、サティスさんも驚いていました。
それもこれも、毎日4リットル以上のお湯を飲みます。お湯はネパール語でタトパニと言います。
飲む分、トイレが近いのが難点で、1ロール500円のトイレットペーパーの消費が激しくて・・・


スポンサーサイト

 | ホーム | 

ブログ内検索

フリーエリア