北海道小樽 コーギー犬 ももりんと いちごと きよちゃん日記

小樽で暮らす、コーギー犬「もも」と2代目「いちご」の生活日記 誤字脱字は大目に見てね

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

フリーエリア

ももりん
いちご

プロフィール

管理人のきよりんで~す。

  • Author:管理人のきよりんで~す。
  • コーギー犬もも、きよりん、ももおやじ、
    もも中心の家族の日常生活の日記です。

    ももが亡くなり、2015年9月
    2代目「いちご」が栃木のブリーダー
    「ワイズワン」からやってきました。

    ★ホームページのももりんホームもよろしく。

    ★メールは こちらです。

    ★コメントは 掲示板 にお願いします。 よろしく~(^o^)



    ももは2013年7月16日11歳、肺炎で虹の橋を渡りました。

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ

ブロとも申請フォーム

黒松内岳 重滝左俣ルート 秋は薮漕が大変!


10月25日(日)は、朝5時小樽を出発して、3名で黒松内の沢に行ってきました。
4ルート中の第3弾です。
天気も良く、快適に進んで行きました。



黒松内登山口から歩いて10分程度で重滝が見えました。
その後も順調に進んでいたのですが、
釜(滝つぼ)の高巻きで大変な事になったのでした。

下が岩盤になっていて、つかむ物も無く、
助けて~だのと言いながらも、何とか進んではみましたが、

下りるのがまた大変で、どこにもホールドも無く、
唯一手にできた草がスポっと抜けて、
そのまま背中から空中を飛んで石の上に落ちたのです

誰もが大事故と思ったとのですが、
運よく石と石の間にザックがすっぽりと入ってクッションになり無事だったのです。

かなりの衝撃があったけど、
背中も首も少し痛い程度で済んだのは強運だったと思います。
神様・仏様その他もろもろ、ありがとう。と言いたかった
夏なら多少濡れても安全な方を選ぶのですが、
この時期に全身濡れるのは辛くて・・・


HPを参考にすると、本来ならこの釜は簡単に歩く事が出来るのですが、
台風の影響で9月なのに水量が増していたのです。
6月に登ったHPを見ると「美しい釜にうっとり」と書いてあったけど、
私はうっとりどころか「死ぬ目」に合いました。
とんだハプニングがありましたが、その後も順調に進んで行き、
ザイルを出したのは1度で済みました。





3時間歩いて、薮こぎに入りました。
6月に登ったHPを参考にすると、
「薮こぎはそれほどでも無かった。稜線に出て15分で頂上。」
と書いてあったのでお気楽気分でしたが、

1時間半休み無くビッチリと漕いでようやく頂上に到着しました。
その間、目に笹が入って、コンタクトが破けて取れてしまいました。

こんなに時間がかかるなんて、どこかで間違えたのかしら?と思いましたが・・・

HPで同じ時期に登った人は
「強烈な薮こぎに1時間以上もかかって・・」と書いてあったので、
6月と9月の薮の違いだと納得しました。

頂上では、お決まりの「中華スープ」で身体を温めて、
30分程休憩して下山開始しました。
下山は、薮こぎのジレンマからか、45分の早いペースで下りてきました。

同じ沢でも、季節や水量で簡単だったり、難しかったりと、
名前でグレードを決められるものでは無いと実感しました。

「ganさんのガイドブック」では、
4ルートの中で一番易しい。と載っていたけど、
今まで登った3ルートの中で一番大変な沢と感じました。
今回はザックに命を助けられて、コンタクトに目を助けられました。



「ぶなの湯」で身体を温めて、蕎麦を食べて、
私だけビール飲んで、小樽まで車を走らせました。
あと残すのは、重滝右コースのみです。

スポンサーサイト

 | ホーム | 

ブログ内検索

フリーエリア