FC2ブログ

北海道小樽 コーギー犬 ももりんと いちごと きよちゃん日記

小樽で暮らす、コーギー犬「もも」と2代目「いちご」の生活日記 誤字脱字は大目に見てね

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

フリーエリア

ももりん
いちご

プロフィール

管理人のきよりんで~す。

  • Author:管理人のきよりんで~す。
  • コーギー犬もも、きよりん、ももおやじ、
    もも中心の家族の日常生活の日記です。

    ももが亡くなり、2015年9月
    2代目「いちご」が栃木のブリーダー
    「ワイズワン」からやってきました。

    ★ホームページのももりんホームもよろしく。

    ★メールは こちらです。

    ★コメントは 掲示板 にお願いします。 よろしく~(^o^)



    ももは2013年7月16日11歳、肺炎で虹の橋を渡りました。

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

過去ログ

ブロとも申請フォーム

② 北アルプス 白馬岳~鹿島槍縦走の旅

2019年7月24日(水)

今日は不帰ノ嶮を登り、唐松山荘までコースタイム約9時間10分

高年齢の私たちは12時間は覚悟して歩くことになります。

後立山連邦は、午後からはガスがかかるので午前中勝負の山です。

唐松山荘には遅くても3時には着きたいので、早朝、2時45分に小屋を出発しました。

2019_0724_060703_r.jpg

3時間歩いて天狗山荘に到着
ここは今シーズン宿泊はしていないけど、キャンプ場はあります。
ここで知り合ったカップルのザックが、
テント泊なのに私たちのザックより軽くてビックリ

私達は荷物持ち過ぎ
北海道感覚で、食べきれない程の食糧、防寒具などなど・・・
(北海道の山小屋は暖房・食事なしの避難小屋しかないので・・・)
今後の課題として考えなきゃ
軽い荷物で快適に・・・が今の山登りの主流だし・・・

2019_0724_065713_r.jpg

朝は天気は良い

2019_0724_070448_r.jpg

4時間半歩いて最初の難関の「天狗の大下り」の始まりです。
300mのガレ場を緊張しながら急斜面を一気に下りました。


2019_0724_070437_r.jpg

下り終えると、最大の難関「不帰ノ嶮」(かえらずのけん)が待っています。

2019_0724_085200_r.jpg

この峰々を超えて行きます。

2019_0724_093608_r.jpg


一番大変な不帰ノ嶮Ⅱ峰が正面にそそり立って見えます。
これを超えて行くのかと思うと怖く感じます。

2019_0724_102716_r.jpg

取りあえずⅠ峰を登り終えて、緊張が解けて喜ぶメンバー
休憩と腹ごしらえを済ませて不帰ノ嶮Ⅱ峰に挑みます
これからは息をのむ程の急登・岩登りが続きます。


普段うるさい私達でも、ほとんど会話も無く、真剣に取り組みました。
少しの油断で命が危ない
去年も滑落で亡くなった人もいるし・・・
岩が乾いて良かった。
これで雨だったらと思ったらゾッとした


垂直に立ちはだかる岩壁を登りながらのカメラは無理だったので、
写真は無し

2019_0724_112205_r.jpg

Ⅱ峰に到着した時には安堵しました。

まだまだ気は抜けないけど、核心部は超えました。


2019_0724_123015_r.jpg

2019_0724_122747_r.jpg

後ろを振り返ると、荒々しい不帰ノ嶮から白馬岳までの主稜線が眺望できる。

はず・・・でしたが見えませんでした

雨が降らなかっただけでもラッキーです。

贅沢は言いません

2019_0724_124309_r.jpg

不帰ノ嶮を登り終えて、
唐松岳頂上に到着

2019_0724_124602_r.jpg

メンバー全員が揃ってから記念写真

涙ぐむ69歳女性

本当に頑張ったと思います

私が69歳になった時には(約10年後)登れる自信はありません

2019_0724_130408_r.jpg


白馬山荘出発から約10時間で唐松山荘に到着
思ったよりも早く着きました


2019_0724_152652_r.jpg

超えてきた山々が見えます。

唐松山荘では少し贅沢して個室を取りました。
1室18000円の追加ですが、5人で割ると3000円弱

朝早く出発するので、個室はすごく気が楽でした。
大部屋だと朝早くからごそごそすると、周りに気を使って大変・・
狭い部屋で一人は押入れに寝ましたが、とても快適でした

唐松山荘は水もお湯も値段が高いけど、
飲める水は1リットル400円位
煮沸したら飲める水は1リットル80円位だったと思います。

小屋は立派で、トイレは簡易水洗で快適でした。
1泊夕食で、大部屋9500円です。
夕食はカレーライスでした。

明日も長い歩きが待っています

スポンサーサイト

① 北アルプス 白馬岳~鹿島槍縦走の旅

7月21日(日)~7月26日(金)まで

後立山連邦の縦走へ

 
300名山に挑戦中の田中陽希さんが、「北アルプスを構成する山脈連邦の中で、

穂高の縦走路も険しいですが、長さと山の幅広い変化と双方兼ね備えているのは

後立山連邦が一番かな。と思いますね。

と言っていました。

行く前に何度も陽希さんのビデオを見て、わくわくして出発しました。



7月21日(日)名古屋空港着 JRで白馬駅へ 

白馬宿泊のゲストハウス「縁」に素泊まり3000円

7月22日(月)白馬駅~猿倉へ

バス停で待っていたら、タクシーの方が安いよ。と言われタクシーで猿倉へ

6:30猿倉発→白馬大雪渓→13:45白馬頂上山荘宿泊(行動時間7時間50分)



北アルプス三大雪渓の白馬大雪渓を軽アイゼンで登ります。
たくさんの人が登っています。

2019_0722_144832_r.jpg

登っている最中に雨が降ってきました。
白馬の頂上はこんな感じ

2019_0722_144711_r.jpg

何も見えないけど頂上到着

2019_0722_170943_r.jpg

白馬山荘は綺麗で暖かく最高
スタッフも親切で、部屋も畳の個室です。
夕食も美味しかった


2019_0723_043438_r.jpg

7月23日(火)白馬山荘を出発。

1時間歩き、雷雨のため引き返しました。


2019_0723_043532_r.jpg

今日は最難関の北アルプス3大キレットの一度踏み入れたら二度と戻れない

「不帰ノ嶮」
(かえらずのけん)

陽希くんも「大変です」と言っていた険しいキレット

夜明けと共に出発したけど、途中雷雨。

このまま進んでも、雨の中の岩は滑って危険なので今日は停滞

若くないから無理は禁物。世間を騒がせる事はしたくない

2019_0723_133504_r.jpg

と言う事なので、昼から生ビール


毎日暑い日


北海道も夏日9連日

    久々に暑い夏です。



日中だけではなく、夜も暑い

こんなに暑いのは本当に久々です。


6年前に居間にエアコンを取り付けたけど、

ほとんど付けたことが無かったのに、今年はフル活動しています。

(電気代が心配)



KIMG3731.jpg

いちごは相変わらずフリスビーを追っかけていますが・・・・

KIMG3734.jpg

暑いので水分補給


KIMG3742.jpg

帰りは暑くて歩く体力を使い果して、亡きもものお下がりの、

「スーパーももりんカー」で帰ります。



 | ホーム | 

ブログ内検索

フリーエリア