FC2ブログ

北海道小樽 コーギー犬 ももりんと いちごと きよちゃん日記

小樽で暮らす、コーギー犬「もも」と2代目「いちご」の生活日記 誤字脱字は大目に見てね

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

フリーエリア

ももりん
いちご

プロフィール

管理人のきよりんで~す。

  • Author:管理人のきよりんで~す。
  • コーギー犬もも、きよりん、ももおやじ、
    もも中心の家族の日常生活の日記です。

    ももが亡くなり、2015年9月
    2代目「いちご」が栃木のブリーダー
    「ワイズワン」からやってきました。

    ★ホームページのももりんホームもよろしく。

    ★メールは こちらです。

    ★コメントは 掲示板 にお願いします。 よろしく~(^o^)



    ももは2013年7月16日11歳、肺炎で虹の橋を渡りました。

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

過去ログ

ブロとも申請フォーム

扇沢~立山 雄山登山と黒部の旅


2019年7月29日(月)
 
難関の後立山が終わり、ついでにアルペンルートで遊んできました。


2019_0727_125917_r.jpg

信濃大町と言えば蕎麦でしょう

2019_0729_075532_r.jpg

扇沢~黒部ダム~室堂へ

バスやロープーウエーなどを乗り換えて・・・

2019_0729_102017_r.jpg

室堂平に到着

ここからすぐ近くの雄山(立山)を目指します。

2019_0729_102044_r.jpg

緊張感0の山歩き

2019_0729_130450.jpg


2019_0729_121139_r.jpg

雄山は修学旅行でごった返ししています。

2019_0729_122156_r.jpg

ここからは500円のお参り代金が必要です。
信心深く無い私はここまで
(他の2名は払って登りました



宿泊場所は「みくりが池山荘」
温泉もあって、料理も美味しいです。
部屋は8人部屋の2段ベットでした。

2019_0729_181148.jpg

山荘から夕方の景色

2019_0729_181445.jpg

地獄谷が近くですが、今は関係者以外は立ち入り禁止です。


2019_0730_085211.jpg

室堂からロープ―ウエイーで黒部へ

2019_0730_090015_r.jpg

帰りは黒部ダムを観光してきました。

左のおじさんは、2ケ月間、きままに日本海沿いを一人旅している人です。
安い宿に泊まったり、たまに車に寝ているそうです。
退職して、やりたかった夢をかなえているらしいです。
偶然にも北海道の恵庭の人でした。

2019_0730_092005_r.jpg

2019_0730_093550_r.jpg

安いので船に乗りました。1080円
船着き場まで結構歩くけど、乗って良かった
絶対にお勧めです。

2019_0730_095509_r.jpg

100名山人力制覇の時に、惜しくも乗った船がありました。

2019_0730_103257_r.jpg

慰霊碑に手を合わせて黒部とお別れです。

2019_0730_124613_r.jpg

信濃大町駅です。

扇沢駅~バスで信濃大町~電車で名古屋まで



今日は名古屋に泊まります。
名古屋クラウンホテルは大浴場付きで快適でした。
タクシーで駅から1000円地下鉄で1駅とアクセツも良い

小樽を出て、10日振りの1人部屋です。
名古屋は暑くて35度


2019_0730_190157.jpg

夕食は贅沢して、ホテルの近くのうなぎ屋さんへ
人生2度目(一度目は鹿児島で)のうなぎ屋さんです。
お店は混んでいて、暑いのに外まで並んでいました。
3800円のうなぎを注文

2019_0730_184738_r.jpg

当然ビールも

結局10日間、禁酒する日は無かった

2019_0731_175003_r.jpg

名古屋~千歳空港~小樽へ

今回の旅はスカイマークで千歳~名古屋片道6800円

安かったので、名古屋経由にしました。

天気にも恵まれて、とても楽しい有意義な山旅でした。

いちご会いたかったよ~~

来年は何処に行こうかなぁ・・・


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ



スポンサーサイト



④ 北アルプス後立山 白馬岳~鹿島槍縦走の旅



7月26日(金)
今日で最終日です。
キレット小屋~八峰キレットを超えて~鹿島槍岳~扇沢~信濃大町温泉へ
コースタイムは9時間半です。



2019_0726_042142_r.jpg

今日も4時小屋を出発しました。

2019_0726_050841_r.jpg

今日もお日様が綺麗

2019_0726_050821_r.jpg

不帰ノ嶮に比べたら、八峰キレットは楽勝
北アルプスの3大キレットの内、2ツ制覇しました。

2019_0726_050955_r.jpg

後ろを振り返るとこんな感じ

2019_0726_051513_r.jpg

鹿島槍までもうすぐです。

2019_0726_061835_r.jpg

鹿島槍北峰に向かう道

2019_0726_061837_r.jpg

鹿島槍南峰が見えました

2019_0726_062421_r.jpg

北峰と南峰の分岐
北峰には登らず、そのまま南峰に向かいます。

2019_0726_062738_r.jpg

目の前がゴールの鹿島槍です。

2019_0726_071426_r.jpg

キレット小屋から3時間半

ゴールの鹿島槍岳登頂

4日前に猿倉の登山口を出発して、

白馬岳~不帰ノ嶮~唐松岳~五竜岳~鹿島槍岳長く険しい山行でした。

涙ぐむメンバーを見て、

もらい泣きしました。と言う人も寄ってきました。

2019_0726_071727_r.jpg

振り返ると歩いた山々が・・・はるか向こうから歩いてきました。

2019_0726_073822_r.jpg

鹿島槍の頂上は高校生やツアーの人達で大賑わい

人が少ない縦走路を歩いて来たので人の多さにビックリ

白馬岳から来ました~と言うと、

回りがビックリ

少し自慢してしまいました

2019_0726_073908_r.jpg

向の北アルプスを見ながら毎日歩きました。

今日は剱岳が綺麗に見えていました。

2019_0726_082319_r.jpg

今日は明るいうちに下山できればいいので、頂上で1時間位ゆっくりして、

行動食の余りを食べました

縦走中は早めに山小屋に入りたいので、ゆっくりできなかったしね~~

扇沢目指して下山開始

布引山付近に・・・

2019_0726_104827_r.jpg

雷鳥発見

2019_0726_104923_r.jpg

人慣れしていて全く動じない

2019_0726_121157_r.jpg

種池山荘で食べたラーメン900円が美味しかった

あと3時間歩けば扇沢です。

2019_0726_151859_r.jpg

11時間15分歩いて、扇沢登山口に到着しました。

もう歩かなくてもいいんでね

予約していた宿の車が来てくれて、

信濃大町温泉にあるゲストハウス「浮世絵」へ泊まりました。

宿に着くと登歩5分の場所にある、

「薬師温泉」へ直行しました。

その後はビールと食事で乾杯でした

今回の縦走中は一日も欠かさず、ビール飲みました

この後、女性3名は、

帰るのがもったいないので、

信濃大町温泉に3泊してから立山に向かいました。


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ



③ 北アルプス後立山 白馬岳~鹿島槍縦走の旅



7月25日(木)
今日の行動は、唐松山荘~五竜~キレット小屋まで
コースタイムは9時間です。


2019_0725_041830_r.jpg

今日も4時から歩きました。
難所の牛首を通過
手強い岩稜ががしばらく続きます。


2019_0725_044835_r.jpg

4時50分空が明るくなって

2019_0725_045511_r.jpg

4時55分日の出です

2019_0725_045850_r.jpg

剱岳が正面に見えました。

2019_0725_082630_r.jpg

五竜岳手前も岩場が続きます。
四つばいになって登ります。

2019_0725_085839 r

午前9時に五竜岳到着しました。
今日の目的地のキレット小屋はまだまだ先です

2019_0725_092524_r.jpg

素晴らしい景色

2019_0725_095311_r.jpg

この峰々を超えていかなければ・・・・
天気が心配です

2019_0725_102606_r.jpg

今日も岩登りです。

2019_0725_112735_r.jpg

狭い登山道を慎重に歩きます。
油断すると大怪我になります。


2019_0725_114249_r.jpg

11時30分 北尾根の頭に到着
ここまで7時間半歩き歩きました。

2019_0725_121212.jpg

12時15分、北尾根の頭から400m下り、口の沢のコルに到着

2019_0725_121322.jpg

ここまで来たら、キレット小屋はもうすぐです

今日は数人の人にしか会わなかった。
白馬からここまで、団体さんに会うことは1度も無かった。
私達みたいな高年齢にも会わなかった。
今どきの女性単独にも会わなかった。

2019_0725_140220_r.jpg

14時ジャスト
10時間歩いてキレット小屋に到着しました~~
コースタイムよりも1時間オーバーは私達にとっては上出来です

500ccのの缶ビール800円で乾杯しました
それにしてもすごい所に建っていますね

この日の小屋は空いていて快適に過ごしました。
夕食はハンバーグだった
女性は私達3名だけで、ほとんど若者ばっかりでした(大学生など・・)

小屋の人に「明日は扇沢まで下ります。」と言うと、
大変なので途中で一泊(冷水小屋などで)した方がいいですよ。
とアドバイスされたけど、

今までの道のりを思うと、
「大変」
と言う言葉は当てはまらないよね~~~


鹿島槍からは普通の登山道だし・・・


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

② 北アルプス後立山 白馬岳~鹿島槍縦走の旅

2019年7月24日(水)

今日は不帰ノ嶮を登り、唐松山荘までコースタイム約9時間10分

高年齢の私たちは12時間は覚悟して歩くことになります。

後立山連邦は、午後からはガスがかかるので午前中勝負の山です。


唐松山荘には遅くても3時には着きたいので、早朝、2時45分に小屋を出発しました。

2019_0724_060703_r.jpg

3時間歩いて天狗山荘に到着
ここは今シーズン宿泊はしていないけど、キャンプ場はあります。
ここで知り合ったカップルのザックが、
テント泊なのに私たちのザックより軽くてビックリ

私達は荷物持ち過ぎ
北海道感覚で、食べきれない程の食糧、防寒具などなど・・・
(北海道の山小屋は暖房・食事なしの避難小屋しかないので・・・)
今後の課題として考えなきゃ
軽い荷物で快適に・・・が今の山登りの主流だし・・・

2019_0724_065713_r.jpg

朝は天気は良い

2019_0724_070448_r.jpg

4時間半歩いて最初の難関の「天狗の大下り」の始まりです。
300mのガレ場を緊張しながら急斜面を一気に下りました。


2019_0724_070437_r.jpg

下り終えると、最大の難関「不帰ノ嶮」(かえらずのけん)が待っています。

2019_0724_085200_r.jpg

この峰々を超えて行きます。

2019_0724_093608_r.jpg


一番大変な不帰ノ嶮Ⅱ峰が正面にそそり立って見えます。
これを超えて行くのかと思うと怖く感じます。

2019_0724_102716_r.jpg

取りあえずⅠ峰を登り終えて、緊張が解けて喜ぶメンバー
休憩と腹ごしらえを済ませて不帰ノ嶮Ⅱ峰に挑みます
これからは息をのむ程の急登・岩登りが続きます。


普段うるさい私達でも、ほとんど会話も無く、真剣に取り組みました。
少しの油断で命が危ない
去年も滑落で亡くなった人もいるし・・・
岩が乾いて良かった。
これで雨だったらと思ったらゾッとした


垂直に立ちはだかる岩壁を登りながらのカメラは無理だったので、
写真は無し

2019_0724_112205_r.jpg

Ⅱ峰に到着した時には安堵しました。

まだまだ気は抜けないけど、核心部は超えました。


2019_0724_123015_r.jpg

2019_0724_122747_r.jpg

後ろを振り返ると、荒々しい不帰ノ嶮から白馬岳までの主稜線が眺望できる。

はず・・・でしたが見えませんでした

雨が降らなかっただけでもラッキーです。

贅沢は言いません

2019_0724_124309_r.jpg

不帰ノ嶮を登り終えて、
唐松岳頂上に到着

2019_0724_124602_r.jpg

メンバー全員が揃ってから記念写真

涙ぐむ69歳女性

本当に頑張ったと思います

私が69歳になった時には(約10年後)登れる自信はありません

2019_0724_130408_r.jpg


白馬山荘出発から約10時間で唐松山荘に到着
思ったよりも早く着きました


2019_0724_152652_r.jpg

超えてきた山々が見えます。

唐松山荘では少し贅沢して個室を取りました。
1室18000円の追加ですが、5人で割ると3000円弱

朝早く出発するので、個室はすごく気が楽でした。
大部屋だと朝早くからごそごそすると、周りに気を使って大変・・
狭い部屋で一人は押入れに寝ましたが、とても快適でした

唐松山荘は水もお湯も値段が高いけど、
飲める水は1リットル400円位
煮沸したら飲める水は1リットル80円位だったと思います。

小屋は立派で、トイレは簡易水洗で快適でした。
1泊夕食で、大部屋9500円です。
夕食はカレーライスでした。

明日も長い歩きが待っています


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

① 北アルプス 白馬岳~鹿島槍縦走の旅

7月21日(日)~7月26日(金)まで

後立山連邦の縦走へ

 
300名山に挑戦中の田中陽希さんが、「北アルプスを構成する山脈連邦の中で、

穂高の縦走路も険しいですが、長さと山の幅広い変化と双方兼ね備えているのは

後立山連邦が一番かな。と思いますね。

と言っていました。

行く前に何度も陽希さんのビデオを見て、わくわくして出発しました。



7月21日(日)名古屋空港着 JRで白馬駅へ 

白馬宿泊のゲストハウス「縁」に素泊まり3000円

7月22日(月)白馬駅~猿倉へ

バス停で待っていたら、タクシーの方が安いよ。と言われタクシーで猿倉へ

6:30猿倉発→白馬大雪渓→13:45白馬頂上山荘宿泊(行動時間7時間50分)



北アルプス三大雪渓の白馬大雪渓を軽アイゼンで登ります。
たくさんの人が登っています。

2019_0722_144832_r.jpg

登っている最中に雨が降ってきました。
白馬の頂上はこんな感じ

2019_0722_144711_r.jpg

何も見えないけど頂上到着

2019_0722_170943_r.jpg

白馬山荘は綺麗で暖かく最高
スタッフも親切で、部屋も畳の個室です。
夕食も美味しかった


2019_0723_043438_r.jpg

7月23日(火)白馬山荘を出発。

1時間歩き、雷雨のため引き返しました。


2019_0723_043532_r.jpg

今日は最難関の北アルプス3大キレットの一度踏み入れたら二度と戻れない

「不帰ノ嶮」
(かえらずのけん)

陽希くんも「大変です」と言っていた険しいキレット

夜明けと共に出発したけど、途中雷雨。

このまま進んでも、雨の中の岩は滑って危険なので今日は停滞

若くないから無理は禁物。世間を騒がせる事はしたくない

2019_0723_133504_r.jpg

と言う事なので、昼から生ビール


にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

富士山へ

12018年7月30日~31日
北岳縦走のついでに富士山に登って来ました。

富士山は5年前のゴールデンウイークに9.5合目まで登った以来です。
頂上までもう少しだったのですが、急に天候が崩れ、
真っ白な世界になったので下山しました。
頂上までの短い距離は、ツルツルで滑落して亡くなった人も居たので、
結果良かったのかもしれません。




台風の影響でJRが運休
駅まで行って引き返して、再度石和温泉に宿泊
結局3連泊して温泉三昧

予定よりも一日遅れて出発
宿泊していた石和温泉からJRで富士宮駅
富士宮駅からは登山バスで富士宮登山口5合目です。
(予備費のありがたみを感じました)



宝永山を右手に見ながら登ります。



本日のお宿に簡単に到着
(先日の北岳縦走に比べたら簡単に着きました)



前日予約で空きがあって良かった。(8合目は満員で断られた)



小屋の人達は感じが良く、みんな若い



6名で一部屋です。
寝袋なので寝返りも打てて、とても快適

缶ビールは350mlで800円
3460M 高山病も無く、ビールを美味しく飲みました


山小屋の人の勧めで、頂上でご来光を見ることにしました



AM2時30分に小屋を出発



真っ暗な中長蛇の列です。
下を見ると、続々と登ってきています。
(ライトしか映らない)





約2時間渋滞を歩き外輪に到着
ものすごく寒くて、全部着込んで日の出を待つ



4時40分ご来光



剣ヶ峰では影富士が見えました。



下りは吉田口へ下りました。

登山口近くに何故か馬が
聞いてみたら、けが人などを運ぶために待機しているとの事。
これだけ毎日登るから、けが人も出るよね~



無事に吉田口登山口に到着しました。
今日はバスで河口湖のゲストハウスに宿泊です。





最終日は東京プチ観光して、羽田~~千歳~~小樽へ帰りました。

(写真は帝国ホテル)

東京はとにかく暑い

9日間歩いて、食べて、温泉、ビールの毎日でした



出発前は腰が痛くなって、どうしようかと思ったけど、

無事に終わってメンバーにも喜んでもらえて良かったです。

懲りずに又計画しようかな~~


北岳・間ノ岳・農取岳 白峰三山の旅

2018年7月24日~27日まで
南アルプス 北岳・間ノ岳・農鳥岳 白峰三山の縦走へ


今から8年前にも同じ計画を立てたのですが、
あいにく天気が悪く北岳片ノ小屋で下山
8年前は、片ノ小屋で、ワールドカップを見ていました

2年前、登山ツアーで参加したけど、
雨で登山口付近しか行けなかった3名も一緒に行きたいとの事で、
総勢7名でリベンジ北岳を目指します。

2週間前にバドミントで腰を痛めてしまって、
治るだろうか・・・と不安な日々を過ごしていました。
バンテリンのエアロゲルEX(値段高め)をスプレーしたり、
痛み止めを飲んだりして、出発当日は80%位まで回復



出発はいちごに見送られ朝里駅からJR



羽田から芦安観光タクシーで、登山口の広河原へ

本来なら、乗り換え、乗り換えで行くのですが、
タクシー代と公共の乗り物の金額が変わらなかった

芦安タクシーは地元なので、山道も慣れていて安心

楽して広河原山荘に到着
今日はここに泊まります。



早朝から北岳を目指します。
8年前とは違い、天気も良く大丈夫そうです。





仙丈岳が綺麗に見えました。



8時間かけて北岳頂上です。
(平均年齢が高いもんでスロースロー・・)

感極まって涙するメンバーも・・・



北岳山荘に泊まり、朝の景色
雲の間から、富士山が綺麗に見える

この後、富士山登山も計画しているので、あの頂きに立てたらいいね~



2時間位で間ノ岳に到着

北岳が日本で2番目に高く、間ノ岳は3番目に高い山です。(穂高も3位)



農鳥小屋に到着しました。

この小屋は何が有名かと言えば、ものすごく偏屈な管理人のじいさんが居る事。

そしたら歩いている途中で、

「農鳥の爺さんが人が変わったように、にこやかになった。」と教えてくれました。
なんでも若い女性がアルバイトに入ったらしい・・・

本当にネットの悪評とは大違いで、とてもにこやかで、
アルバイトの女性もとても感じが良く、
私たちはTシャツを数枚購入しました。

そしたら悪評高い管理人さんが、私達に、
「Tシャツ買ってくれてありがとうね」との言葉が



農取岳に到着

目標の「白峰三山」最後の山です。

8年前のリベンジ達成



農鳥岳までの稜線は急登が続き、
メンバーも大変そうに登って来ます。



メンバー全員が揃ったところで、
最後の記念写真

後はひたすら下るだけです・・・・



ここから今日の宿泊場所の大門小屋までは、
「うんざりするほどの急な下り」
本にも載っていたけど、
本当にうんざりするほど、3時間ひたすら下りました。
あまりにうんざりして、
写真を写すのものわすれた・・



宿泊した大門小屋です。

ず~~と同じコースと歩いていた、
おじさま4名組と一緒に記念写真



小屋の中はこんな感じ



最終日は沢沿いを下って行きます。



昨日の下りと比べると、楽ちんなので笑顔があふれます。

3時間位歩いて、奈良田に到着

奈良田~石和温泉まで
ここでも芦安タクシーを予約していたので、
帰りもとてもスムースでした。

そして、台風が来るので今日で通行止めになるとの事。
一日違っていたら、あの大門小屋に連泊しなければなりませんでした
連泊したい小屋では無かったので、
本当にラッキーでした

奈良田からは日に5便位しかバスが通っていなく超て不便
タクシー代は7人で割ったら、公共料金と変わらないのよ

石和健康ランドは、シングル6000円
お風呂入り放題
全てのアメニティーも揃っていて、マッサージチェアー無料
WIFIもパソコンもあり、食事も美味しい
8年前にも泊まったので懐かしい



7名全員で乾杯しました




天気に恵まれ予備日が余ったので、
八ヶ岳にある平山郁夫美術館へ足を伸ばしました。

健康ランドに2泊して、仕事のある4人は帰りました。

無職の3名はこの後富士山に登り、
標高の高い山、1番・2番・3番を制覇
私の物好きに付き合ってくれた2名に感謝です。

 | ホーム |  »

ブログ内検索

フリーエリア